宵闇幻燈

PBW、シルバーレイン登録キャラ【永合周・柴】の日記です。 ゲームをご存じない方は意味が分からないと思いますのでご注意を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

私の巻き毛の女の子

 
 雨上がり。じめじめした暑さの残る庭に
 ぽつりぽつりとまた雨が降り出した夜。

 柴はちゃぶ台で真剣な面持ちで「かわいい子犬の育て方」を読み
 周は台所で夕飯の片づけをし
 その足元では白い仔犬が皿のミルクを舐めようとして皿ごとカタカタ移動している。


 
 柴 「(眉を寄せつつ)…やっぱり犬って野菜は食べないみたいだよ」

 周 「そうか、今日の南瓜の煮つけはとてもおいしかったのにな…
    好き嫌いはよくないぞ。」


    (声をかけられた犬はミルクのお代わりがもらえるかと 期待の目で周を見ている)

 柴 「名前は決めたの?」

 周 「柴。」

 柴 「なぁに?」

 周 「…………柴犬だから。」

 柴 「…… えっ 何呼んだんじゃないの?それが名前?!
    飼い犬に自分の弟と同じ名前を?」


 周 「…まずいか。」

 柴 「まずいとかそういう問題じゃ…紛らわしいよ…ふ、複雑…」

 周 「…クドリャフカ。」 

 柴 「(首を傾げ)ライカ?」

 周 「…クドリャフカ。」

    (柴が返事をする前に、犬が返事をするかのように元気よく 一声鳴いた。)    

 柴 「……(つい吹き出す) (笑いながら) じゃあ決まりだね」

 周 「良い子だ、クドリャフカ。」(目を細めて冷蔵庫からミルクを出し)
    (一生懸命ミルクをなめるクドリャフカにぼそぼそ話しかけている)


    「…もうすぐ戦争…戦いがあるんだ。良い子で待っていられるな?
    私も柴も元気に帰ってくるから。」

 
 柴 「……(台所でクドリャフカに話しかける周を見)
    (雨の降りしきる庭を見、静かに目を伏せた)」


スポンサーサイト
日常(周+柴) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前期中間テスト | HOME | 一緒に帰ろう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。