宵闇幻燈

PBW、シルバーレイン登録キャラ【永合周・柴】の日記です。 ゲームをご存じない方は意味が分からないと思いますのでご注意を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

長い時間の眠る場所


 風がカタカタと戸を揺らし
 梅がほころび始め近い春を告げ始めた午後。

 周は天然石をルーペで眺めては図鑑と照らし合わせ
 柴は本格的な春に向けて庭の手入れに余念がない。



 周 「この結晶は小さくていいな…」

 柴 「随分、店が気に入ったみたいだね(軍手をはめた両手を叩きつつ)」

 周 「うむ。あんな店を本家がもっていたなんて驚きだ。」

 柴 「物件から品物まで全部引き継げたからね…
    点数は多いけどそれの確認も、また楽しいよね。」


 周 「……うむ。これも加工として使えるな…(そっと取り分けている)」

 柴 「周がアクセサリ作るが好きなんて意外と言えば意外だなぁ
    また作ったら店頭に並べるから。」


 周 「……うむ。次はアクアマリンで…作りたいと…(ルーペを覗いている)」

 柴 「…料理は下手なのに装飾はできるんだね…」

 周 「……うむ。あっ 罅で小さな星ができている。(夢中でよく聞いてない)」

 柴 「(クスクス笑って) お店でお茶に出すお菓子でも作るかな…
    (園芸用エプロンをはずしつつ台所へ)」


スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あかい めだまの さそり | HOME | 君がしあわせであればいい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。